スポンサードリンク

2006年初頭。
顔の腫れに悩まされたりしつつ、な頃。

スポンサードリンク

いい加減だらだらと
ステロイド系の薬に頼る事に
随分とうんざりしてきました。
色々他のことも試してみようと思い、
漢方薬の薬局に行って相談してみました。
出産前に自分の身体を出来る限り整えておきたい、
という気持ちもありました。
出来れば出産前になおしておきたい…
という気持ちのほうが強かったですが。
湿疹には様々な要因があり、
身体の冷えやら便秘やら、
食べているもの、
生活環境や仕事環境等等
何が影響しているのかが一概に言えないようでして、
身体全体の環境を整える事が重要なのだとのこと。
まず塗り薬をふたつ紹介してもらいました。
タイツコウというやつと、
シウンコウというやつです。
どちらも特徴的なにおいで、
なんだかべたべたしています。
案の定、アズノールをぬった時と同じ様な状況になりました。
顔が腫れた時にタイツコウをぬったら、
一度だけすぐ腫れがひいたのですが、
それ以降は抗体が出来ちゃったのか?
何だか全然効かず。
あそこのかゆみには勿論効かず。
で、飲み薬のほうはというと、身体を暖めて、
かゆみに効きそうな漢方薬を処方してもらう。
妊娠中という事もふまえて、
安産の薬といわれるものだそう。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
というやつです。
とはいえ、1ヶ月分で1万円以上するので高いし、
匂いも強烈だし、朝昼晩3回飲むのって結構大変だったりして。
でも治るためなら我慢して飲んでいました。
しかし1ヶ月たってもまるで効果がなく、
モチベーションもどんどん下がり、
だんだん飲まなくなってしまいました。2ヶ月弱でストップ。
挫折するの早過ぎだし凹むのですが、
全然かゆみが止まらないのはやっぱりつらいです。
でも身体の冷えには効果があったかな…?
とはいえ妊娠中はそれまでの冷え症が嘘かの様に
身体全体ぽかぽかしていましたが。
ちゃんと飲み続けていれば
もっと色々違っていたかもしれない…
と今更後悔しています。

スポンサードリンク