スポンサードリンク
080423_1204~01.jpg080423_1204~02.jpg080423_1204~03.jpg

総合病院で処方された薬です。
2005年冬の頃ですね。

グリメサゾン軟膏はステロイド系、
亜鉛華軟膏は非ステロイド系です。

両方の薬を混ぜたものを処方され、
どんどんグリメサゾン軟膏の比率を小さくしていき、
最終的には亜鉛華軟膏だけでしのぐ。
という治療でしたが。

グリメサゾン軟膏1に対し亜鉛華軟膏2
の、緑の蓋のものばっかり使っていたような気がします。

やっぱり亜鉛華軟膏だけでは
どうにもかゆみはおさまらないですから。

で、緑の蓋のものがなくなったら、
最初に処方された
グリメサゾン軟膏1:亜鉛華軟膏1
のものと、亜鉛華軟膏を
てきとうに混ぜ合わせて使っていました。

..そういうのってあんまり良くないんだろうけど…
わざわざ医者行くの嫌だったし…

で、このグリメサゾン軟膏ですが、
なんだか独特の、変なきついにおいがします。

このにおい、小さい頃にもよくかいだなーと思ったのですが、
おそらく小さい頃、アレルギー性皮膚炎があった頃にも、
この薬を塗ってかゆみをしのいでいたのでしょうね。

まさかまたこの臭いをかぐことになるとは
思いませんでした。

今出ているこの湿疹は、
アレルギー性皮膚炎の再発なんでしょうか。

お医者さんはみんな「湿疹」と言うので、
アレルギー性皮膚炎とは違うのかもしれません。

どちらにしろかゆい事に変わりはありませんから
もうなんでもいいんですけど。



スポンサードリンク